ダイエットで健康美人

韓国人ダイエット法など、健康のため、美容のためダイエットを推進しま〜す。世のため人のため。

糸こんにゃくダイエットについて

ちょっと前に流行った寒天ダイエット。確かに、エネルギーをほとんど含んでいない寒天は優秀なダイエット食材だといえますね。

けれど、近頃話題となっているのが、寒天と比べるとさらにエネルギーが低い糸こんにゃくを利用した「糸こんにゃく(他にも、玉こんにゃくや板こんにゃく、刺身こんにゃくなどがありますね)ラーメンダイエット」です。

日本人は皆ラーメンが大好き。でも、そのエネルギーの多さゆえに、ダイエット中にはなかなか食べる事が出来ないのですよね。そこで、登場するのが糸こんにゃくです。

ラーメンの麺を糸こんにゃくで代用するのみで、たちまちラーメンがダイエット料理に変身してくれるはずです。味も、毎日の気分で醤油味にしたり塩味にしたりする事によって、飽きる事なく続ける事が可能です。

ただし、蒟蒻に含まれている食物繊維のグルコマンナンは、1日の摂取量の上限が4〜5gはずです。もし、それ以上摂取してしまうと、脂肪やビタミンと言った、他の栄養素である吸収を阻害して栄養不足に陥ることもあるかもしれませんね。この事を踏まえて、1日の食事の内の一食のみを、この糸こんにゃくラーメンにするやり方が理想的だといえるでしょう。

目安としては、板こんにゃくに換算して250g、一丁分が限度と思ってくださいね。こんにゃくはしっかりとした歯応えがあって、しかも満腹感が得られます。また、豊富な食物繊維(ダイエットはもちろん、生活習慣病や疾患の予防のためにも摂取したいものです)によっては便秘にも効果があるので、理想的なダイエット食材と言えますね。

近年、ラーメンの麺用の糸こんにゃく(しらたきとの違いは、しらたきの方がより細いというだけです)も販売されていますので、それらを上手に利用すると良いでしょう。


>>>ダイエットこんにゃくラーメン(蒟蒻ラーメン)等 こんにゃく麺・12種類24食セット

こんにゃくダイエット、こんにゃく食材

TVの特番等でも有名になった「おからこんにゃくダイエット」。コンニャクがダイエットにいい食材だと知っている方はよくあるようです。そのこんにゃく(独得の食感やカロリーの低さなどが人気を集めていますね)とヘルシーなおからを混ぜて作った「おから蒟蒻」を肉の代わりとして代用するのが、このおからコンニャク痩身方法です。

お互いヘルシーな食材同士ですので、肉に比較したら100gたったの41kcal、豚ロース肉の10分の1以下のローカロリーに抑えることができるでしょう。

ダイエットには厳禁のお肉そうはいっても、このダイエット法はお肉を我慢出来ない方がおいしく食事をしながらダイエットできる方法です。

おからコンニャクダイエットの方法は、毎日のお肉の代わりにおからこんにゃくを使用して調理した食べ物を1日3食の中で2食たべると言うものです。

おからこんにゃくが2食だと飽きがきだといえますねが、心配ありません。

から揚げ用のかたまり肉としても、ひき肉の代わりのそぼろ肉としても、その時々のメニューによって自由に形をかえる事が出来るために、色々なメニューに利用する事が出来ます。

つまり、食材の使い方としては、通常のお肉と何ら変わりは無いでしょう。もちろん、味付けも自由ですので、味の変化も楽しめますね。このダイエット法は、お肉の食感を得る事での満足感、こんにゃくの食物繊維「こんにゃく(日本では、1776年に誕生したといわれています)マンナン」により満腹感を得られることで、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)を溜めないダイエットが可能です。ダイエット中でもお肉をガッツリと食べたい男性の方等は、是非試してみませんか。


ダイエットこんにゃくラーメン(蒟蒻ラーメン)等 こんにゃく麺・12種類24食セット